« 歌舞伎鑑賞 | トップページ | 祝*1歳 ソルさん »

2007-07-21

愛するケン太

犬種:トイ・プードル(アプリコット)
名前:ケン太
通称:ケンちゃん

我家の初めての室内犬
Ken5



2003年5月11日
16歳と7ヶ月でケン太は逝ってしまった。

20歳まで生きると信じていたのに。


学生時代、深夜の試験勉強はいつも傍らにケンちゃんがいた。
夜遊びして、コソコソ帰宅した時も夜中なのに元気よく笑顔で出迎えてくれた。
「げ・・・、シーーーーっ!頼むから静かにしてぇ、、」と慌てて黙らせたっけ。
親や兄とケンカすると部屋でケンちゃんをギューと抱いて泣いていた。
涙をペロペロ舐めてくれて、世界中でケンちゃんだけが私の味方だと思った。
語りつくせないほどのケンちゃんとの思い出がよみがえる。

この子に出会って、この子から犬と暮らす本当の喜びを教えられた。

今、5匹のワンコたちとの幸せな生活を語る上で
ケンちゃんなくして語ることはできないと思った。

なので、どうしてもケンちゃんを紹介したかった。


Ken6_1Ken3_2Ken4








ケンちゃんとの最期の3日間、
ほとんど動けないケンちゃんを私は
ずーと、ずーと抱いていてあげた。

最期は出ないはずの声を振り絞って、家中に響き渡る声で5分程遠吠えした。
他のワンコや私達みんなに挨拶をしていたのだろう。
どこにそんな力が残っていたのか不思議だった。

そして静かに眼から命の灯が消えていくのが分った。
2003年5月11日ケン太永眠

|

« 歌舞伎鑑賞 | トップページ | 祝*1歳 ソルさん »

我家のワンコ」カテゴリの記事

コメント

♪♪クレパルパパさんへ

ヘヘ、ちょっとセンチで熱くなってしまいましたケドネ
照れくさいですガ。ケンちゃんが我家で幸せだったと思ってくれてれば嬉しいですネ。 
ワンコとの生活は、必ずこういう時が来ることを覚悟しなくては
いけなくて、、、それが辛いですけど。。
ワンコ達には我家へきたことで、毎日楽しく幸せに生かせてあげたいですよね! 

投稿: ソル姉 | 2007-07-22 08時55分

 けん太君・・・
 読んでいて泣きそうになってしまいました。

 ソル姉さんの青春を語るうえで、なくてはならないけん太君との想い出は一生の宝物だと思います。
 心の中に大切にしまっていてあげてください・・・。
 
 ソル姉さんはけん太君と出会えて良かったですね♪
 そしてけん太君もソル姉さんと出会えて良かったと思います。

 久しぶりにいい話を聞きました。ありがとう!

 

投稿: クレパルパパ | 2007-07-21 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/421059/7218116

この記事へのトラックバック一覧です: 愛するケン太:

« 歌舞伎鑑賞 | トップページ | 祝*1歳 ソルさん »